ITコース

※第1回は募集終了しました。第2回は7/5募集開始予定です。

プログラム概要

ITコースには、3つのサブコースがあり、いずれかをご受講いただきます。ご希望のサブコースは、受講者選考会の際に伺います(「特に希望なし」でも差し支えありません)。定員の都合上、ご希望どおりのサブコースとならない場合もありますので、予めご了承ください。

実施 定員 会場 講習内容 期間
第1回 15名 TKP秋葉原カンファレンスセンター プラットフォームエンジニアコース
カリキュラム詳細はこちら(PDF)
7月1日(月)~8月28日(水)の期間で40日間
クラウド・コンテナコース
カリキュラム詳細はこちら(PDF)
プログラミングコース
カリキュラム詳細はこちら(PDF)
第2回 15名 TKP秋葉原カンファレンスセンター プラットフォームエンジニアコース 9/2(月)~10/30(水)
クラウド・コンテナコース
プログラミングコース
第3回 15名 TKPThree Eight Nine MITAKA プラットフォームエンジニアコース 12/2(月)~2/6(木)
クラウド・コンテナコース
プログラミングコース

横にスクロールしてご覧ください

・講習時間は、平日10:00~17:00(休憩1時間)です。

・講習内容や日程は変更となる場合がございます。変更が生じた場合は、当ホームページにて告知致します。

・定員の都合上、ご希望どおりのサブコースとならない場合もあります。予めご了承ください。

・原則対面での講習となります。オンラインでの講習は予定しておりません。

お申込から受講までの流れ
(ITコース①)

ご応募

①ご応募

いずれかの方法でお申込みください。

令和6年7月5日(金)~8月19日(月)18:00まで

①WEB・・・お申込フォームよりご応募ください。

②お電話・・・03-4400-923803-4400-9238にお電話ください。

受講者選考会

②受講者選考会

受講者を決定するための選考会を行います。

8月21日(水)会場TKP秋葉原カンファレンスセンター 詳細地図を見る>>

・ご応募後、集合時間を電話またはメールにてご連絡いたします。

・当日は、面接票に簡単なご経歴等をご記入いただきます。

講習

③講習等

IT業界で働くために必要な基本的知識・技能について、講習等を実施します。

9月2日(月)~10月29日(火)までのうち平日39日間
会場TKP秋葉原カンファレンスセンター 詳細地図を見る>>

・連携団体からお招きした経験豊富な講師による、実践的な講習等をご提供します。

合同面接会

④合同面接会

プログラムの最終日に、合同面接会を開催します。

10月30日(水)会場TKP秋葉原カンファレンスセンター 詳細地図を見る>>

・連携団体の会員企業等による、合同面接会を開催します。

・積極的に面接を受け、就職を目指してください。

・合同面接会は就職をお約束するものではございません。プログラム修了後、希望する方は1年間の就職支援を受けることができますので、併せてご活用ください。

ITコース

業界NOW

  • ・Webサービス、クラウド、ICT、ビッグデータ、DX 等、IT業界は技術革新が目覚ましく、常に技術者が不足していると言われています。一方、今の技術者たちもすべての分野に精通しているわけではありません。
  • ・プログラム開発ツールも進化しており、先入観のない未経験者でも、チャンスが与えられています。
  • ・右図では、IT関連市場の拡大見通しに伴い、将来のIT人材需給を試算した結果となります。経産省の調査によると、中位シナリオでは約45万人のIT人材需要が見込まれています。

IT人材の「不足数」(需要)に関する試算結果

IT人材の「不足数」(需要)に関する試算結果引用:経済産業省「IT人材需給に関する調査(概要)」

※画像をクリックすると拡大します。

職種紹介

  • 開発・エンジニア職
    プログラミングによりWEBサイトやアプリ、企業のシステム開発などを行います。コミュニケーション力を活かして活躍でき、採用も多い職種です。SE/プログラマー/インフラエンジニア/フロントエンドエンジニア/サポートエンジニア等
  • 営業・コンサルタント職
    自社で開発したWEBサービスやソフトウェアの紹介や、取引先が導入したいサービスの提案などを行います。営業職/セールス/ITコンサルタント等
  • マネジメント職
    プロジェクトが円滑に進むよう、人員、スケジュール、予算、メンバーのタスク管理等を行います。前職のマネジメント経験を活かすことができる職種です。プロジェクトマネージャー/プロジェクトリーダー/ブリッジシステムエンジニア等

資格紹介

  • ITパスポート
    データベースやネットワーク、情報セキュリティ等ITの基本知識を問う資格です。
  • 基本情報技術者試験
    ITエンジニアが取得する資格としてベーシックな資格です。
  • シスコ技術者認定
    ネットワークの導入や運用、トラブルシューティング等のスキルを問う世界共通基準の資格です。
  • LinuC(リナック)
    Linux技術者としての技術力を問う世界共通基準の資格です。
  • ・Webサービス、クラウド、ICT、ビッグデータ、DX 等、IT業界は技術革新が目覚ましく、常に技術者が不足していると言われています。一方、今の技術者たちもすべての分野に精通しているわけではありません。
  • ・プログラム開発ツールも進化しており、先入観のない未経験者でも、チャンスが与えられています。
  • ・右図では、IT関連市場の拡大見通しに伴い、将来のIT人材需給を試算した結果となります。経産省の調査によると、中位シナリオでは約45万人のIT人材需要が見込まれています。

IT人材の「不足数」(需要)に
関する試算結果

IT人材の「不足数」(需要)に関する試算結果

引用:経済産業省「IT人材需給に関する調査(概要)」

※画像をクリックすると拡大します。

  • 開発・エンジニア職
    プログラミングによりWEBサイトやアプリ、企業のシステム開発などを行います。コミュニケーション力を活かして活躍でき、採用も多い職種です。SE/プログラマー/インフラエンジニア/フロントエンドエンジニア/サポートエンジニア等
  • 営業・コンサルタント職
    自社で開発したWEBサービスやソフトウェアの紹介や、取引先が導入したいサービスの提案などを行います。営業職/セールス/ITコンサルタント等
  • マネジメント職
    プロジェクトが円滑に進むよう、人員、スケジュール、予算、メンバーのタスク管理等を行 います。前職のマネジメント経験を活かすことができる職種です。プロジェクトマネージャー/プロジェクトリーダー/ブリッジシステムエンジニア等
  • ITパスポート
    データベースやネットワーク、情報セキュリティ等ITの基本知識を問う資格です。
  • 基本情報技術者試験
    ITエンジニアが取得する資格としてベーシックな資格です。
  • シスコ技術者認定
    ネットワークの導入や運用、トラブルシューティング等のスキルを問う世界共通基準の資格です。
  • LinuC(リナック)
    Linux技術者としての技術力を問う世界共通基準の資格です。

注意事項

  • お申込みいただくには4項目とも同意いただく必要があります。事前にご確認ください。
  • ① 連携団体(一般社団法人東京都情報産業協会)の会員企業への就職を目的としている
  • ② 必ず就職できる保証がないことを理解している
  • ③ 最終日の合同面接会に参加する意思がある
  • ④ 全日程を遅刻・欠席なく出席できる
申し込む▼

メールアドレスをお持ちでない方は、お電話にてお申込みください。

IT業界 紹介映像

Digest version

Full version

お問合せ

事務局にて受け付けております。
お気軽にご相談ください。

 電話 03-4400-9238
 メールでのお問合せ

受付時間 月~金 9:00~18:00
(祝日年末年始を除く)

東京都 東京しごと財団

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

Copyright© gyokai-renkei.tokyo All Rights Reserved.